スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイルランドに着くまで

出発当日の朝、スーツケースにようやく荷物を詰め終えると、慌しく家を出た。家の近くでタクシーに乗り、自由が丘駅→大井町駅(大井町線)、大井町→品川(京浜東北)、品川→成田エクスプレスで成田空港第1ターミナルへ。

旦那さんに成田空港まで送ってもらった。空港での搭乗手続きには随分と時間がかかった。結構余裕をもって家を出たのに、旦那さんと朝食をする時間は30分しかなかった。旦那さんは蕎麦とどんぶりのセット、私はミニネギトロ丼を食べた。お別れする時はとても淋しかった。

英国航空は清潔で快適だった。ヴァージンと同じく1シート毎にモニターが付いていて、好きな映画を観ることができた。とは言え、成田・ヒースロー間はとーっても長く感じて辛かった。隣りの女性2人は旅行に行くらしくて、とても楽しそうだった。一人は実に淋しいと、しんみり。

001-s.jpg

003-s.jpg

004-s.jpg

ヒースロー空港に到着すると、成田と同じようにセキュリティチェックをした。靴とコートを脱いで、荷物をトレーに置いた。自分の荷物がピピピとなって、中身を調べられた。デジカメ・ノートパソコンなどの電化製品は、全て再度セキュリティをかけられて、機内から持ってきた水は没収された。とっても厳しい。

自分のワールドウォッチを見たら、18:10。きょえ~。飛行機の離陸時間である。間に合うの?と思いながら走った。アイルランドとイギリス国内便へのゲートはとにかく遠い。

コーク行きのゲート84に着くと、女性が私のチケットをチェックした。問題ない模様。改めて自分のワールトウォッチを見ると、SUMMER TIMEの印が。。。なんだぁ。1時間進んでいたのかぁと胸を撫で下ろした。ヒースローからコークまでは1時間。窓際の席からはサンセットの赤い光で地平線がくっきりと見えた。イギリスは天気が良く、車のライトと街の明かりで繁華街が分かった。それに陸の形がくっきり見えたので、大体あのあたりかなぁと想像して見ていた。前の席に座っていたカワユイ赤ちゃんと外の景色を見ていたら、時間をあまり感じなかった。成田から乗り継ぎ時間を含めるとに15時間あまり。眠いし疲れたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました