キンセール

今日は月曜日だけど、バンクホリデーで学校はお休み。

ホストメイトのピーターとコーク市からバスで45分のところにある
海沿いの町キンセールへ出掛けた。

朝8時頃、ご飯を食べ、9時半のバスに間に合うように家を出た。
いつものコースを歩いていくと、公園の門に鍵が掛けられていた。
なぜ?ホリデーだからかもしれない。
仕方がないので、もう一つの門から出た(こちらは開いていたので良かった)。
時間がないので少し走った。

バスの駅に到着し、時刻表を見るとキンセール行きの
発車時刻が9時45分になっていたので安心した。
券売機でデイ・リターン・チケット(日帰り往復8.90ユーロ)を買った。
ドイツ人女性の旅行者が話しかけてきた。
彼女もキンセールに行くらしく、バスが到着するまでの間少し話した。

バスに乗り、40分程でキンセールに着いた。
現地に着いたら、ものすごーく寒いのに驚いた。
失敗したぁって思った。
沢山着込んでくるんだった。
カイロとマフラーと手袋が必要だった。
手がかじかむ。
取り敢えず観光ポイントの博物館と教会に行ってみた。
しかーし、どこも閉まっていた。
そして殆どのお店は閉まっていた。
切ない気持ち。。。
あまりの寒さに耐えかね、空いているカフェを見つけて、中に入った。
小さい店内は満員。紅茶とケーキを頼んだ。
紅茶の温かさとケーキの美味しさに幸せを感じた。

013-s.jpg014-s.jpg
ひなたぼっこのワンコ。紅茶とケーキ。
072-s.jpg
イギリスは赤、アイルランドは緑。

店員の一人にピーターが、チャールズ要塞が開いているか聞いていた。
チャールズ要塞はアイリーンから薦められた歴史のある建物で、
敷地は星型(五稜郭みたい)をしている。
イギリスとの戦いで使用した基地のようなもの?である。
そこは中心地から歩いて2キロ程のところにある。
今日はオープンしているらしい。

カフェを後にすると目的地に行く前にトイレを探した。
中心地にあるトイレは鍵が掛けられていて使えない。
ツーリスト・デスクに聞くと、
50ユーロセントの有料トイレがあるらしい。
何だか勿体無いので、目的地まで我慢することになった。
何で観光地なのにトイレが無いんだろう??

チャールズ要塞に着くと、
直ぐにトイレを見つけられたので、安心したと同時に救われた気がした。

その後、入場券を購入した。
窓口でカードを見せ、スチューデントの料金になるか聞いたところ、
フルタイムでないとダメと言われた。
しかしながら大人3.70ユーロのところ、
シニア・団体料金の2.60ユーロに負けてくれた。
とても親切な人だった。
簡単に案内してもらった後、
資料館を見て、チャールズ要塞内を回った。

途中、すんごい風と雪、そして雨。
とても歩いてられないので、10分程マガジン室で雨宿り。
ほんとに寒くて泣きそうだった。
しばらくすると、嘘のように晴れた。

032-s.jpg036-s.jpg
アイルランドを敵からココで守っていたのです。
雪です!

チャールズ要塞を後にし、歩いて暫くすると、
またシャワー。傘は壊れると思われる強い風。
レインコートが大活躍。
そしてまた、カラッと気持ちが良いくらい晴れた。

海岸沿いの歩道を歩くと、
昼食を取るのに丁度良い屋根つきのベンチを見つけたので、
そこで休むことになった。

家を出る時にアイリーンがサンドイッチとりんごを持たせてくれたので、
美味しく頂いた。
海岸沿いの道はとても景色が良い。
カラッと晴れている時は素晴らしい!
その時はシャワーはなかったし、温かく感じた。

047-s.jpg056-s.jpg
ハーバーの眺め。

キンセールのバス停付近の海水が来た時は殆ど無かったのに、
帰る時は上昇し普通の水面になっていた。
何だか不思議。白鳥や様々な鳥を見ることが出来た。

バスの時間にはかなり余裕があったので、
中心地を散策して過ごした。
4時半頃、キンセールを後にした。

びっくりする程、寒い日だったが、凄く楽しめた。
今日は良く眠れそう。

夕食:ハムにクリームソース、マッシュポテト、グリーンピース、
   ニンジン。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *