スポンサーリンク
スポンサーリンク

キンセール part1 街のカフェ

今日は月曜日だけど、バンクホリデーで学校はお休み。

ホストメイトのピーターとコーク市からバスで45分のところにある海沿いの町キンセールへ出掛けた。

朝8時頃、ご飯を食べ、9時半のバスに間に合うように家を出た。いつものコースを歩いていくと、公園の門に鍵が掛けられていた。なぜ?ホリデーだからかもしれない。仕方がないので、もう一つの門から出た(こちらは開いていたので良かった)。時間がないので少し走った。

バスの駅に到着し、時刻表を見るとキンセール行きの発車時刻が9時45分になっていたので安心した。券売機でデイ・リターン・チケット(日帰り往復8.90ユーロ)を買った。ドイツ人女性の旅行者が話しかけてきた。彼女もキンセールに行くらしく、バスが到着するまでの間少し話した。

バスに乗り、40分程でキンセールに着いた。現地に着いたら、ものすごーく寒いのに驚いた。失敗したぁって思った。沢山着込んでくるんだった。カイロとマフラーと手袋が必要だった。手がかじかむ。取り敢えず観光ポイントの博物館と教会に行ってみた。しかーし、どこも閉まっていた。そして殆どのお店は閉まっていた。切ない気持ち。。。あまりの寒さに耐えかね、空いているカフェを見つけて、中に入った。小さい店内は満員。紅茶とケーキを頼んだ。紅茶の温かさとケーキの美味しさに幸せを感じた。

ひなたぼっこのワンコ。

013-s.jpg

紅茶とケーキ。

014-s.jpg

電話ボックスは、イギリスは赤でアイルランドは緑。


店員の一人にピーターが、チャールズ要塞が開いているか聞いていた。チャールズ要塞はアイリーンから薦められた歴史のある建物で、敷地は星型(五稜郭みたい)をしている。イギリスとの戦いで使用した基地のようなもの?である。そこは中心地から歩いて2キロ程のところにある。今日はオープンしているらしい。

カフェを後にすると目的地に行く前にトイレを探した。中心地にあるトイレは鍵が掛けられていて使えない。ツーリスト・デスクに聞くと、50ユーロセントの有料トイレがあるらしい。何だか勿体無いので、目的地まで我慢することになった。何で観光地なのにトイレが無いんだろう??

チャールズ要塞に着くと、直ぐにトイレを見つけられたので、安心したと同時に救われた気がした。

つづきは。。。キンセール part2 チャールズ要塞

コメント

タイトルとURLをコピーしました