スポンサーリンク
スポンサーリンク

「奇跡のシンフォニー」試写会

先日、有楽町のよみうりホール(ビックカメラのビル)で開催された「奇跡のシンフォニー」の試写会に行って参りました♪

《゜☆。6月21日よりロードショー。☆゜》
◎「奇跡のシンフォニー」公式ブログは→こちら

今回は旦那さんと一緒、銀ブラした後、会場に向かうと。。。。

開場10分程前に到着したところ、既に人でいっぱい!階段に沿って並んでいるので、別の階段を使って7階(会場)から下へ下へと降りていきました。1階降りる毎に列が続いているか確認し。。。どこまで続くの~?結局3階くらいまで降り、最後尾に並びました。きっと会場が広いんでしょう。

いよいよ開場です。入口ではオリジナルのティッシュ(箱)が配られていました。これで涙を拭いて!と言うことでしょう。最近、映画を見ると必ず泣いてしまう私。ハンドタオルを膝の上に置いて涙に備えます。

上映のはじまりです。。。

 「奇跡のシンフォニー」の 感想

とても感動しました!予想通り涙しました。しかも旦那さんまで!旦那さんは(私が誘う)映画は、たいてい途中で寝てしまうんですが(**)今回は違っていました。

アメリカ映画はスケールが大きいですね!からっと晴れの日のイメージで気持ちが良いです。ストーリーは何となく先が分かってしまうのですが、場面場面に大きな動きがあって、すごくドキドキしてしまいました。

施設で過ごす少年は周囲の全ての音が音楽に聞こえます。風の音、街中の靴音、地下鉄の音。。。少年の中はリズムやメロディーでいっぱい!「パパとママに会いたい」と言う一心で、音楽を多くの人に聞いてもらいたいと思うようになります。自分を見て欲しい。どこかで見てくれるかも。音楽を通じて様々な人と出会い、音楽で会話をし。。。少年の一途な思いがいつしか奇跡を起こします!少年の願い、両親の気持ち。。。ロマンチックでもあります♪幸せを感じられる夢のような映画でした。お薦めです。

この映画に出演しているジョナサン・リース=マイヤーズは、ダブリン生まれコーク育ちのアイルランド人。アイルランド。。。ダブリン、コーク。懐かしいなぁ(;;)また行きたいわぁ。映画の中では役柄にマッチしていて、カッコ良かったです。

音楽って良いですよね。
学生時代は吹奏楽部でサックスを吹いていましたが、楽譜を読むのは遅いし、飲み込みも遅かったような。。。それからすごく練習が大変だったことを思い出します。
放課後、夏休み。。。練習の毎日でした(リードで口には内出血!)
でも全体で合わせた時の一体感は感動的で、3年間頑張って続けられたのはそのせいもしれません。
私にとって音楽は生活する上で無くてはならないもの(書いてる今も聴いてます)

Amazon Blu-ray DVD

コメント

タイトルとURLをコピーしました