「つぐない」試写会

イギリス映画「つぐない」の試写会に行ってきました!

数々の映画賞ノミネート&受賞で期待度抜群の作品なのです。
☆アカデミー賞「作曲賞」受賞!(主要7部門ノミネート)
☆ゴールデン・グローブ賞「最優秀作品賞」「最優秀作曲賞」受賞!!(最多7部門ノミネート)
☆英国アカデミー賞「英国作品賞」「美術賞」受賞!!!(最多14部門にノミネート)

◎「つぐない」のオフィシャルサイトはこちら→http://www.tsugunai.com/
《4/12(土)、新宿テアトルタイムズスクエアほか全国順次ロードショー!》

【 感想 】
キーラ・ナイトレイ演じるセシーリアはやはりきれいでした。
もともと気の強い印象はありますが、今回の役も初めはツンケンしていて、いつものキャラクターだわ!と思いました。

しかーし、恋をする場面から女性らしく大人っぽく柔らかく感じました。
身体の線が凄く細いのに、色気もあって羨ましい!
どの衣装も自然に馴染んで見えました。

相手役(ロビー)のジェームズ・マカヴォイは初めて見た時、若い!と思いました。
頭が良さそうで視線が優しくて素敵でした。
個人的には「プライドと偏見」のキーラ・ナイトレイの相手役の俳優さんよりもずっと好みです。

今回の映画のキーパーソンであるブライオニーは、3人の女優さんが演じていましたが、髪型・髪色が同じなので違和感なく自然に入り込めました。
無表情で影のある少女時代・娘時代は罪の重さを深く感じる気持ちが伝わってきました。
晩年は、少し表情が明るくなったように思えました。
犯した罪は時の流れと共に少しずつ変化してゆくのでしょうか。
3人の女優さんが演じることで時の流れや気持ちの変化がより伝わってきました。

それから、ロビーとセシーリアが恋に落ちる場面にはドキドキしてしまいましたね。
初恋の時のような純粋な気持ちがストレートに伝わってきたのです。
階級の違いはありますが、それを乗り越え気持ちに素直になることの大切さ。
二人の真っ直ぐなキレイな心にはグッとくるものがありました。

音楽は。。。素晴らしかったです!
タイプライターがミックスされた音楽は芸術的で、その場面に合っていて気持ちを高ぶらせてくれましたし、涙を誘った効果もありました。
(オフィシャルサイトでこの音楽が流れますが、それを聴き、映画を思い出して再度涙してしまいました。)

映像も。。。素晴らしかったです!
大豪邸の内部がよく分かる動きのある撮り方に感心しました。
廊下や階段は重厚な感じがし、部屋の壁紙はウィリアム・モリスを思わせるような草花。
窓から注ぐ明るい日差しによって、演じる人・部屋全体が凄く映えて色鮮やかに見えました。
絵画の中にいるようで、ふわっとして心地よく感じました。
お庭の緑、植物も素敵で映像に魅せられました。
こんなところで寝っころがってみたい!

戦争の場面(第二次世界大戦)は、見るのが辛かったです。
戦場に送り出されたロビーが体験したこと。
無実の罪に問われ、どんな気持ちで臨んだのでしょうか。
あまりにも残酷で、悲しく悔しく、やるせない気持ちでいっぱいになりました。

ロビーとセリーリアの人間性、どちらも共感出来ました。
ブライオニーが犯した罪に関しては、何故そんなことをしてしまったのか理解不可能ですが、少女時代の想像力豊かな面とデリケートな気持ちによって行動を起こさせてしまったのかもしれません。

時代や階級社会、回りを取り巻く環境、タイミングがそうさせてしまったのだと思うと、同情する面もあります。
(一番許せないのは罪を感じていないあのカップル!?)

実際あったことのように、のめりこんでしまいました。
映画界で話題になることも頷ける上質な作品でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *