アンジェラの灰

1997年にピュリッツアー賞(伝記部門)を受賞した本を映画化した
フランク・マコートの作品。

作者の少年時代アイルランドで過ごした日々を綴った作品なので、
実際の話。
1930年代から1940年代のアイルランドの状況が分かる。

作者の父は北アイルランド人。母はアイルランド。
初めはアメリカに住んでいるが、
貧しい生活と生まれたばかりの妹の死により、
母の実家があるアイルランドのリムリックに引っ越す。

しかし、父は仕事に就いても直ぐに辞め、
就いたとしてもそのお金は自分の飲み代に消えてゆく。
家にはお金を全く入れないので、
初め4人兄弟だったが、飢餓・病気の為、
幼い弟たちは次々に死んでゆく。
小さい棺がとても痛々しく思う。
子供を生んでは死にという、悲しい時代。

カトリックの国、アイルランドでは、
当時、避妊や中絶、夫の求めに応じなければ罪にあたり、
その結果、子沢山になってしまったようだ。

貧しいのに子供を作って死なせてしまうのは、
ほんと見てられないくらい可愛そうだと思った。

それに父が北アイルランド人プロテスタントということで、
母の親戚は父親に対してとても冷ややか。

それに父は、なぜかIRA(アイルランド共和軍)とし、
独立運動に参加した経験があり、故郷には帰れない状況。

結局、父はイギリスに行ったきり戻ってこなくなる。

作者は自由の国アメリカへ帰るため、
仕事をし資金を集め、アメリカへ経つ。

作者だけでなく、国全体が貧しい様子がよく分かった。
貧しい中にも救いがあり、人々の温かさを感じた。
タイトルはアンジェラ(母の名)の灰ということで、
観る前は凄く暗い話なのかと思った。
実際は、悲しみはあるが、ユーモアのある作品だと思った。

当時のアイルランドはアメリカへ移民する人が、大勢いたそうだ。

移民する者は皆、コークのコーブ港から発ったらしいので、
アイルランド滞在中はそこには行って見たいと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *