マイケル・コリンズ

1996年のヴェネチア国際映画祭において金獅子賞を受賞した映画。

マイケル・コリンズはアイルランド独立を指揮した人物で、
その生涯を描いている。戦争映画。

殆どの場面が怖くて、指と指の間から細目で見ていた。
コリンズの”アイルランドを自由に”という強い信念に圧倒され、
ハラハラしながら次の展開を見ていた。

アイルランドは1922年にイギリスに自由国として承認され、
戦争が終結し、マイケル・コリンズの望みは叶ったように思えたが、
その後、同じ島同士で内戦勃発。

仲間同士の戦いは断固として避けたいコリンズは
内戦を終結させるため、故郷であるコークに戻るが、
その途中で狙撃されて、31歳という若さで生涯を終える。

イギリスに支配されていたアイルランドを自由に導いた
マイケル・コリンズは、若くて力強くカリスマ性があって
アイルランドの歴史における「偉大な人物」とされている。

マイケル・コリンズを演じている
リーアム・ニーソンは、北アイルランド出身。
シンドラーのリストやスターウォーズ・エピソード1にも出演している。
(どっかで見たことあると思った。)

この映画を見て、少しアイルランドの歴史を知ることが出来て、
嬉しく思う。

実際にアイルランドが完全に独立したのは、1949年のこと。
アイルランド共和国となった。

コリンズが生まれ、生涯を終えた場所ウェスト・コークは、
私が来月滞在するエリアである。この映画で初めて知った。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *