マグダレンの祈り

2002年のヴェネチア国際映画祭において金獅子賞を受賞した映画。

「マイケル・コリンズ」と同様、
実際あった出来事を映画化しており、
見終わった後も長い時間その余韻が残る。

1950年代のカトリックの国、アイルランド。
未婚で妊娠した女性を矯正する施設、
ダブリンのマグダレン修道院を舞台としている。

当時のアイルランドは、結婚前の処女性は絶対としており、
それに反したとみなされた場合は、
その家族がこの施設に送るのである。

施設の環境はひどいもので、
強制労働、外部との接触は一切禁止、
理不尽に叱られ、抵抗すると暴力などもある。
映画を見て、この施設の生活は地獄のようだと感じた。

修道院を出るには家族が迎えに来るのを待つしかない。
一生ここで過ごす人もいたようだ。

何故?ここまで残酷な仕打ちをされなければならないのか、
と感じた。

1996年の最近まで続けられていたらしいので、驚いてしまう。

出演する女性たちの演技力は素晴らしく、
力強さを感じ、画面に吸い込まれていった。

凄く考えさせられる映画だった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *