紅茶(Irish Tea)

アイルランドでは、日本やイギリス同様、
お茶は生活の中で重要な役割をしているようだ。
実際のところ、イギリスよりも紅茶大好き度が高い気がする。

ホームステイ先では朝食時、学校から家に帰って直ぐ、
また夕食後に3回毎日必ずたっぷりと紅茶を飲んでいた。
(ティーポットもマグカップも、ビッグサイズ!)

特に夕食後のお茶の時間(1~2時間程)は一日の締めくくりとして、
リラックスする時であり、皆で会話を楽しむ時間でもあった。

ホームステイ先では、いつもBARRY’S TEAという
アイルランド(コーク)の有名な紅茶を飲んでいた。

156-s.jpg015-s2.jpg
(左)コーク・クロナキルティのスーパー(スーパーバリューにて)。
(右)日本で撮影したお土産品。

BARRY’S TEAは、色・味ともに濃くて牛乳ととても良く合った。
それにアイルランドの水は日本と同じ軟水なので、美味しく頂けたのかもしれない。

ちなみにイギリスは硬水なので、イギリスの紅茶を日本で飲んだ時、
同じ時間浸しても、色が薄い上に味が少し違う?ような気がした。

その点、アイルランドの紅茶は日本でも現地と同じ味で頂けるので嬉しい。
 
☆アイルランドの代表的な紅茶

上の2つのブランドの紅茶はスーパーに必ずある。
 
☆紅茶は必ずお茶菓子と一緒に頂いた。

  • キットカット(Have a break. Have a KitKat!)。
  • チョコチップクッキー。
  • フィンガーチョコ。
  • マシュマロを挟んだソフトクッキー(よく食べた)。
  • 164-s.jpg
    何故か名前がmikado(帝:みかど)?(スーパーバリューにて)

  • クラッカー(ホストファミリーはバターをたっぷり塗っていた。太りそう!)。
  • アイリーンのスコーン。
    レーズン・デーツ・プレーンの3種があり、ボリュームがあってうまい!
    スコーンの横にナイフを入れ、上下2つに分け、それぞれにバターとジャムを塗って頂く。

私は緑茶、紅茶、中国茶など基本的にお茶は大好き。
これからますます紅茶が好きになりそうだ。
日本では一体1日何杯飲んでいるだろう?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *