ブラーニー・キャッスル

今日は9時に起きた。
朝食は10時。アイリーン、ピーターと3人で取った。

朝食は毎日同じ。
ホワイトorブラウンブレッド、シリアル、オレンジジュース、
ヨーグルト、紅茶。

今朝はダブリン・アイリッシュ・チーズ(スライス)を頂いた。
色は濃いオレンジ。アイリーン曰くチーズらしいチーズ。
アイリーンが何が含まれているんだろうって、
裏側の印刷面を見たら、1つ知らないものが含まれていると言う。
次にピーターが見たところ、分からないという。
最後に私が見たら、ANNATTOって書いてあった。
あらこれって、納豆じゃない?
日本の納豆がこのチーズに含まれているんだ!納得。

今日は天気が良い為、
昼食後、ピーターとブラーニー・キャッスルに行くことになった。

1時20分ぐらいに家を出て、
セントラルバスステーションで2時発のバスに乗った。
バスに乗ること20分で目的地に着いた。
バスを降りる時に運転手さんに日本語で”さようなら”って言われた。
日本人だって分かるんだなぁ。

ブラーニー・キャッスルはバス停から少し歩いたところに、
入り口があった。
入場料は学生料金(6ユーロ)で大丈夫だった。
広いガーデンの中にお城がある。
ガーデン内には川が流れていて、鳥もたくさん、自然がいっぱい。
お城は小さいながらも存在感があった。

castl051-s.jpgtower064-s.jpg
ブラーニー・キャッスル。キャッスルの前のタワー。

中へ入ると、人が一人通るのも狭いくらいの上へ繋がる階段があった。
この狭い階段が結構怖い。
何だか迷路のようで、上がる度に小さな部屋があり、
細い窓から外を見ることが出来た。

天辺に上がると、結構高いのに驚くと同時に、
足元のところどころから直下で地上が見えるので、コワイコワイ。
高所恐怖症の私は腰が引けながらも頑張って歩いた。

castl2043-s.jpgsmallview042-s.jpgtopview-s.jpg
人が集まっているところに雄弁の石がある。個室の小さな窓。頂上からの眺め。

その頂上にある石にキスをすると雄弁になるらしい!
ピーターは興味がないらしく、しなかった。
私も怖くてそれどころではなかった。

お城を後にし、ガーデンを散策。
歩いていくと結構面白い。

ROCK CLOSEと言う、おとぎ話に出てくるような、
美しく神秘的な小さな森に辿り着いた。

ドルメン、巨大な石があったり、
ドルイド僧のサークルの石、妖精の石、魔女の石。。。
石に名前が付けられているの。

ちなみに(電子辞書で調べたところ)、
ドルイド教:ケルト人の宗教。その司祭をドルイドと言い、占いを行い、
 生活面でも指導者だった。
ドルメン:新石器時代から鉄器時代初期にかけての巨石記念物の一。

願いごとの階段では、願い事をした(もちろん)。

wish058-s.jpgcherry067-s.jpg
wishing steps。公園内のサクラ?。

ブラーニーキャッスルでの天気はくもり。
でも楽しめたので良かった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *